Disney Fan パークからグッズ、アニメまで。夢と魔法のディズニー最新情報雑誌

ディズニーファンは毎月25日発売

新着情報

「スター・ウォーズ コスチューム大全 エピソード4,5,6」

2015.04.16

春です。TDRはイースター・イベントで盛り上がっています。さわやかなパステルカラーが満ちあふれております。

そんな編集部の一隅で、暗黒のダース・ベイダーの本に黙々と取り組んでおります(笑)。そう、今年は「スター・ウォーズ・イヤー」でもあるのです。12月公開の『フォースの覚醒』に向けて『スター・ウォーズ』の本が続々と刊行されます。
今回、ご紹介するのは究極のマニア本ともいえる超豪華本「スター・ウォーズ コスチューム大全 エピソード4,5,6」。1978年に公開された『新たなる希望』(当時はそんなサブタイトルはついていなかったけど)から『ジェダイの帰還』までの懐かしい旧3部作に登場する様々なコスチュームが網羅された百科全書的一冊です。大判226ページの分厚く重い上製本に、ルーカスフィルムが保管していた当時のコスチュームの写真約580点を収録。それもほとんどが撮り下ろしで、映画製作時のエピソードも満載。
ジョージ・ルーカスはダース・ベイダーを「黒いライダースーツを着て、ナチのヘルメットを被り、ガスマスクを付け、中世の修道僧の外套を羽織った」「とても背の高く、まるで風に乗ってきたように外套をひるがえし、不気味な感じを与える黒ずくめの人物」と、日本の武将の兜も例に出して衣装デザイナーのラルフ・マクォーリーに語りました。「彼は宇宙空間で巨大な宇宙船から小型船に飛び移ったりすることもあるんだ」とも。そんなイメージを何週間もかけて練り直して、あの一度見たら絶対忘れられない「シュコー、シュコー」の呼吸器も付いたダース・ベイダーの姿が出来上がったのです。

というような読み応えバッチリの愛蔵版を鋭意製作中です。お値段は本体12800円(税別)となかなかのものですが、『スター・ウォーズ』をより面白く観るためにもいかがでしょう? 5月7日まで予約受付中です! (本文・表紙のビジュアルは現在開発中のもので、デザイン等が変更になる場合があります)
詳細はコチラ!






Starwars.com ©&™Lucasfilm ltd.

前の記事   一覧へ戻る   次の記事